足場の仕組み

足場っていうのは、工事現場の周りに使われているあの足場のことで、その総称なわけですが、細かく見て行ってみますと、何も1つのものとなっているわけではありません。。。

 

まず一番の大元になるのは建枠というものです。

そして、その建枠2つの間にブレスと言われるものを交差させて固定するのです。

 

それだけでもなんとか足場にはなってしまうのです。

例えば、アジアの国々なんかではこんな使い方をしているところが多く見られます。

 

でも、もうちょっと組み立てていくのならば、アンチと呼ばれる板を、建枠と建枠の間に渡すのです。

そしたらその上を歩けるわけですね。

 

そしてもしも土台をしっかりとさせたいのならば、ジャッキベースとか固定ベースと言われるものをつけるといいでしょう。

でも、ベースを使わずに、土なんかで固定していることもあるそうです。

 

それから、足場の上り下りをスムーズにするには階段枠というものをつけるといいでしょう。

まあ、名前のまんま、階段です。

 

まあ、ほかにもいろいろと補強するものだったりとか、あるのですが、それはおいおいお話しできたらばなと思っています。

とりあえず今回は、基礎の基礎の基礎の基礎の基礎って感じのところだけをチョーっとだけお話ししました。。。

 

 

PR: 工務店向け集客ノウハウ 生命保険の口コミ.COM 生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん お家の見直ししま専科 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com マッサージのリアル口コミ.com 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 英語上達の秘訣 FXで儲ける方法